BUYUSA.GOV -- U.S. Commercial Service

Japan

SelectUSA

【イベント情報 】

◆セレクトUSA 米国イノベーションセミナー 大阪・名古屋◆

セレクトUSAは、米国連邦政府の対米投資促進プログラムです。

テクノロジーを活用したイノベーションは、幅広い業界において必要とされており、イノベーションを次々と生み出す環境を備えている米国では、最先端のプロダクトやサービスの開発が行われています。特にIoT (Internet of Things) や人工知能(Artificial Intelligence: AI) 関連技術の開発や実用化では世界をリードしており、日本の企業も米国の同市場に参入、技術投資をしています。また、起業精神に溢れ、リスクを恐れず、失敗を成功の過程とする米国の文化は、ビジネス環境にさらなる競争力をもたらしています。

本セミナーでは「イノベーション」をテーマに、日本企業の米国への投資状況や事例をご紹介すると共に、米国州政府・地域経済開発局(EDO)より各地域の米国市場の魅力をご紹介し、情報交換の場を設けます。また希望者の方にはEDOとの個別面談が可能です。

参加予定の州と主要産業
①アイオワ州:先端製造業、ICT産業、ファイナンス産業
②アリゾナ州フェニックス:IoT関連(サイバーセキュリティ、自動運転、ウェアラブル、
インダストリー4.0)、センサー技術関連
③インディアナ州:航空宇宙、ライフサイエンス、製造業
④オハイオ州:自動車(スマートモビリティ)、ヘルスケア、IT・ビッグデータ
⑤ネブラスカ州:「スマート農業(IoT)」、先進製造業、IT関連 
⑥ノースカロライナ州:航空宇宙、バイオ・ライフサイエンス、ビジネス・金融サービス 
⑦ペンシルベニア州:ライフサイエンス&ヘルスケア、エネルギー、先端技術・製造
⑧ミシガン州バトルクリーク:先端製造(自動車、工業)、食品飲料製造、バッテリー原料製造
⑨ミシシッピ州:自動車、航空宇宙、食品
⑩ミズーリ州:情報技術(IT)、バイオサイエンス、高度製造業(航空宇宙、自動車含む)

主催:在大阪・神戸アメリカ総領事館商務部・米国商務省セレクトUSA
対象:米国進出(投資)をご検討中の企業の皆様 (セミナーの主旨と異なるお申し込みがあった場合、ご参加をお断りする場合がございます。)
参加費:無料 セミナー同時通訳付(個別面談に通訳はつきません)

<日時・会場>
[大阪]:
日時:2018年1月24日(水曜日)13:00 - 17:30 (12:30受付開始)
会場:ナレッジサロン(グランフロント大阪 北館7F)プレゼンラウンジ
[名古屋]:
日時:2018年1月25日(木曜日)13:30 - 17:00 (13:00受付開始)
会場:名古屋商工会議所 5階会議室ABC

<プログラム>
こちらをご覧ください:大阪名古屋

<申し込み>
下記ウェブサイトよりお願いいたします。(推奨ブラウザ:Google Chrome)
「Event Attendee Type」より該当するものを選択し参加者情報を入力してください。

  • 企業、組織の方は「大阪or 名古屋 企業参加者」を選択
  • 銀行、弁護士・会計事務所等の方は「大阪or 名古屋サービスプロバイダー」を選択
  • ナレッジサロン会員の方は「ナレッジサロン会員」を選択

最後に任意のログインIDとパスワードを設定し提出(Submit) してください。
参加登録が承認されましたら、システムより確認メールが届きます。
記入した内容は承認後ログインIDとパスワードで編集が可能です。
https://connect.eventtia.com/en/dmz/japaninnovationseminars/website/register

申し込みマニュアルも併せてご覧ください。こちらをクリック
画面が正しく表示されなかったり提出(Submit)ボタンが見当たらない場合、お問い合わせください。

お問合せ:
在大阪・神戸アメリカ総領事館商務部 セレクトUSA
担当:中岡 TEL: 06-6315-6035; Email:Yuko.Nakaoka@trade.gov






  Notice to Visitors!


  The link you have chosen will take you to a non-U.S. Government website.

  If the page does not appear in 5 seconds, please click this: outside web site

  BuyUSA.gov is managed by the International Trade Administration and external links are covered by its website  disclaimer statement.