BUYUSA.GOV -- U.S. Commercial Service

Japan

米国ビジネスセミナー・高松&広島
中小企業にとっての米国でのビジネスチャンス

当セミナーは、台風のため7月16日から8月28日(高松)、7月17日から8月27日(広島)に、それぞれ延期になりました。
既にお申込みいただいている皆様の再度のお申込みは必要ありません。

米国では現在の人口、3億2千万人が2060年までに約4億2千万人になり約1億人増えると予想されています。一方、日本では同じ時期に人口が1億2千万人から8千万人に4千万人減少するとの予想があります。先進国の中では大きな人口増加が見込まれ、また一人当たりのGDPの大きな米国は日本企業にとって極めて重要な市場です。また、シェール革命によるエネルギー・コスト、原材料、物流コストの低下と、3Dプリンター等の新しい技術により製造業のアメリカ回帰の動きが出ています。整ったインフラ、知的財産権の保護、高い研究開発力、オープンで参入しやすい市場環境等、日本企業にとっては、中堅・中小企業であっても、アメリカは販売市場として、また製造拠点として重要性が増していくことが予想されます。

本セミナーでは、日本貿易振興機構から中小企業にとっての米国でのビジネスチャンスをテーマにお話し、米国総領事館から対米直接投資についての基本とビジネスにかかわるビザについてご説明します。また、アメリカの州政府・地域経済開発局をご紹介し、情報交換の場を設けます。

対米進出をご検討中の皆様はもちろん、米国でのビジネスにご関心がある皆様のご参加をお待ちしています。

<開催概要>

[日時]
広島:2015年8月27日(木曜日)13:30 ~ 16:30 (13:00受付開始)
高松:2015年8月28日(金曜日)13:30 ~ 16:30 (13:00受付開始)
[会場]
広島:広島商工会議所 307号室
高松:高松商工会議所 401会議室
[主催]
広島:在大阪・神戸アメリカ総領事館商務部、JETRO広島
高松:在大阪・神戸アメリカ総領事館商務部、JETRO香川、百十四銀行
[共催]
広島:広島商工会議所
高松:高松商工会議所
後援(広島)
(公財)ひろしま産業振興機構
参加費:無料
使用言語:日本語
定員:50名

参加申込み
広島会場:こちらからダウンロードしてお申込みください。
高松会場:こちらからダウンロードしてお申込みください。

お問合せ:在大阪・神戸アメリカ総領事館商務部 担当:高畑
電話:06-6315-5955、Email:Kazuhisa.Takabatake@trade.gov

スケジュール(広島、高松共通)

13:00 受付開始

13:30 主催者ごあいさつ

13:35 第1部「中小企業にとっての米国でのビジネスチャンス」
日本貿易振興機構(ジェトロ) 海外地域戦略主幹(北米、大洋州) 木村洋一
アジアを中心とした新興国経済の成長を受けて、日本の中堅・中小企業の関心はアジアに向いており、米国は「未開拓・未活用の地」ともいえます。こうした中で、米国ならではの市場特性をビジネスチャンスと捉え、市場開拓に成功する中堅・中小企業も多く出ています。こうした企業の実例を製造業からハイテク、伝統産品・デザイン製品、食品・飲料、サービスまで広く見ながら、中堅・中小企業にとっての米国でのビジネスチャンスを皆さんと考えます。

14:20 第2部「拡大する対米直接投資の現状と可能性」
在大阪・神戸アメリカ総領事館・商務部 上席商務専門官 高畑和久
対米直接投資の現状と今後の見込み、対米投資の基本的な事項についてご説明します。また、アメリカ商務省が始めた対米直接投資促進策「SelectUSA」についてもご説明します。

15:05 第3部「米国の州政府、地域経済開発局のご紹介」
日本に事務所を持つ米国の州政府の団体であるアメリカ州政府協会の代表によるごあいさつと、当日セミナーに参加する州政府、地域経済開発局のご紹介。

15:20 休憩(州政府、地域経済開発局との情報交換会)

15:35 第4部「アメリカとの貿易、投資にかかわるビザについて」
在大阪・神戸アメリカ総領事館・査証課

16:20 質疑応答

16:30 終了

プログラムは予告なく変更になる場合がございます。各プレゼンテーションの題目は仮題です。






  Notice to Visitors!


  The link you have chosen will take you to a non-U.S. Government website.

  If the page does not appear in 5 seconds, please click this: outside web site

  BuyUSA.gov is managed by the International Trade Administration and external links are covered by its website  disclaimer statement.